ウェブページ

リンク

最近のトラックバック

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 純、秩父産、、。 | トップページ | 甘撚りの古い糸 »

和式ぼっとん (雑談)

昨日、観光客なのか、通りすがりの若い男の人が、織塾にトイレを借りに来ました。

周りにトイレを借りられるようなところはほとんど無く、切羽詰っていた様子。

私たちは作業場で離れた所から見かけて声を聞いていました。

(たまたま、中庭にいた先生が対応)

トイレに行ったは良いが、「すみませ~ん、 大 なんですけど~!!」 と 切ない叫びが聞こえました。

後で先生に聞くと、トイレの使い方が解らなかったらしい。

秩父織塾のトイレは、昭和の懐かしい匂い ぷんぷん。

多分、昭和30年から40年代前半位のイメージの 和式の ぼっとん式 (タイル貼り)です。

屋外トイレで、懐かしいブルーの便器の蓋もついています。

2つの個室の間に、男性小用があります。

それがまた、便器といえるようなものではなく、壁に向かい用を足すと、その下に流れていくという

かなりシンプルな作りの物。

 「トイレ」 というより、 「便所」 と呼ぶのがふさわしい風情。

ある程度の年齢の人なら、子供の頃はそういうトイレしかなかったので、「へぇ~!!」と

思っても困る事は無いのですが、若い人は見た事が無いのでしょうね。

たまたま、草木染に来ていた若い女性二人に聞くと、

「私たちが幼稚園にいっていた頃は、トイレの洗面台は手を出すと水が出るようになっていた」

だそうで、時代を感じました。

今は、当然洋式で水洗。個室に入れば蓋が開き、用が済めば水が流れて蓋が閉まるという、

ソコまで人間は不精をして良いのか?というほどの親切ぶり。

他人の家でトイレを借りて流さずに出る人も時々いるとか??

人間、あまり便利だと退化しますよね。

015b

秩父織塾は、機(はた)もそうですが、糸取り、糸繰りも人力で、木製の道具を使って出来ます。

(昭和の最新式?電力機械も揃っています)

昨日も私は木製の道具で、綛から手でぐるぐる糸を糸巻きに巻いていました。

効率的ではないけど、何だか和む、人力の作業。楽しいですよ。

« 純、秩父産、、。 | トップページ | 甘撚りの古い糸 »

コメント

はじめまして。
ただいま服飾大学4年で染め・織りの勉強をしている者です。
大学卒業後も染め・織りの勉強をしたいと思い、そちらの工房にお世話になりたいのですが、お電話する際は何曜日がよろしいでしょうか?

田村 様。
コメント ありがとうございます。 
連絡先は先生の自宅なので日中の時間でしたら、大抵は大丈夫ですが、不定期で不在にしています。
基本的には活動は金曜日を中心としていますので、金曜日が良いとは思いますが、
今週の金曜日は、皆で富岡製糸に見学に行くのでいません。
また、電話も10回以上鳴らさないと出ない事も多いです。
(携帯電話は未だ持っていません)

就職としては不向きかと思われますが、見学は電話予約で受け付けていますので
一度ご覧になってください。

機織の一つの形を見ることは出来るかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88365/52576523

この記事へのトラックバック一覧です: 和式ぼっとん (雑談):

« 純、秩父産、、。 | トップページ | 甘撚りの古い糸 »